スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛官がモテモテ・・・

陸上自衛隊の駐屯地を抱え、自衛官が多く住む千歳市や恵庭市で隊員と地元女性を対象にした「お見合いパーティー」が開かれているようで、女性と知り合う機会が少ない隊員のための催しだが、自治体側には、道内で自衛隊の規模縮小が続く中、若手隊員の定住を促進して街の活力につなげたいとの思惑もあるようですね。

「こいつ、レンジャー隊員なんですよ」
千歳市内のホテルで9日に開かれたパーティーで、がっしりした上半身を光沢あるスーツで包んだ隊員が隣の先輩に肩をたたかれて頬を赤らめた。「えー、やっぱり自衛官。いい体してますよね!」。女性が相づちを打つと、テーブル席が途端に沸き返り、参加者の緊張がほぐれた光景ですね。

パーティーは現役自衛官でつくる自衛隊内の組織「曹友会」が主催したもので、千歳市内の二つの駐屯地から20~40代の隊員と、市内や近郊の未婚女性が40人ずつ集まったようなんですが、こういう催しって地元の女性はどうなんでしょうね。

男女5人ずつ丸テーブルに着席。約10分に1度、席替えし、パーティーの終盤では、あちこちでメールアドレスを交換し合う姿が見られたようですが、三つの駐屯地を抱える恵庭市でも曹友会主催のお見合いパーティーが毎年冬に開かれているみたいです。

一方、05年の調査では、千歳市民の平均年齢39・4歳は道内で最も若く、これを支えているのが航空自衛隊員を含めて男女計約3000人に上る独身の自衛官なんですが、国際情勢の変化から道内自衛隊の縮小が続き、地元では将来への不安が高まっているために、パーティーへの期待は大きく、恵庭市は今年初めて「定住化促進の一環」として、パーティー前に参加者の男性自衛官を集めたマナー教室の開催を決めたり、かなり力を入れているようですね。

自衛官って、いろいろな人がいますからね。
出身もいろいろなら、自衛官になった理由も様々だったりします。

北海道に住んでいる女性が集まって来ては、パーティーをやっているようですが、さくらとかはいないんでしょうか・・・
他の地域でよくあるお見合いパーティーとかは結構さくららしき人も参加しているようなものもありますからね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080819-00000084-mailo-hok
スポンサーサイト

<< まだまだなくならない酒気帯び運転・・・ | ホーム | 女子バレーは5位でしたね・・・ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。